2017/05/19 16:00

バリ島のあちこちでみかける「チャナン」ってなに?

フレンドリーなスタッフ・ウィンダさんの指導のもと、お祈り(※)にあたり、まずは腰帯を巻きます。
※バリ島の人々が沐浴後に腰帯とサロンをつけて行う毎日のお祈りをプログラム用に簡略化したもの

お祈りの際にはチャナンにお線香を添えて。チャナンは毎日決まったところに数か所お供えします。

神様に感謝の気持ちを伝えてから、チャナンの花を耳に飾りお祈りをスタート。

その後、聖水に入ったお米を額と首に貼り付けます。

お祈り後もお米をつけたままその日1日を過ごします。これは「お祈りの儀式を終えました」というサインなのだそうです。

お祈りの儀式を終えてから、料理教室が行われる敷地内の庭園に佇むクッキングスクールへ。そよ風が心地良い空間です。

キッチンのコンロに小さなチャナンが置かれているのを発見! バリ・ヒンズー教では、神道と同じく万物に神々が宿っていると考えられています。このため、建物や家のあらゆるところにチャナンを置くとは知っていたものの、これにはビックリ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >