2017/05/27 16:00

バンコクの屋台がなくなるかもしれない問題、結局これからどうなる?

tabizine.jp
tabizine.jp
旅の楽しみの一つは食事。訪ねた街の通りや広場、市場の屋台でその土地のものを地元の人たちと一緒に食べるのは素晴らしい体験です。特に東南アジアの国々の屋台文化は、世界中の旅行客を魅了しています。

今年の4月中頃です。バンコクでは主要な路上の屋台を全面的に禁止することになるというニュースが衝撃と共に世界中に飛び交いました。どの記事にも、これはとても残念なことだと書かれていて、バンコクの屋台文化が世界の人々に愛されていたのだと、再認識させられました。

その後に続く報道では、バンコクから屋台が全く消滅してしまうわけではないことが確認されました。よかったと胸をなでおろしつつも、キツネにつままれた感覚。いったい何があったのでしょうか。そして、これからどうなるのでしょう。

タイの屋台文化
東南アジアの他の国々と同様に、タイでも屋台は大切な食文化の一つです。日本でも「中食」という言葉が浸透してきましたが、レストランなどで食事をする外食や自宅で料理をして食べる内食に対して、中食は調理済みの食事を買って自宅で食べる「昼食」が浸透しています。仕事の帰りに、屋台で好きなものを買って自宅で食べる。熱い気候ということもあって、自宅で火を使わないほうが快適でもあるようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >