2017/06/05 20:00

【渡島半島】幕末の戦艦大和「開陽丸」は、土方歳三の夢とともに江差に沈む

tabizine.jp
tabizine.jp
【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

土方歳三ファンという方たちは、ニヒルで涼しい目をしたあの風貌と、クールな生き方に参っているのでしょう。新撰組の剣豪は日本中を駆けめぐり、函館で壮絶な最期を遂げました。

土方歳三も悲劇の主人公ですが、もうひとつ日本人の心を捉える悲劇の主人公が戦艦大和。先頃、沈没していた大和が遂に発見され、少しずつその全貌が明らかにされています。
新撰組の生き残り、土方歳三を乗せた旧幕府の軍艦開陽丸は、どこかこの戦艦大和のイメージと重なります。オンナもオトコもシビレてしまう土方歳三の生き様と、軍艦開陽丸を道南渡島半島(おしまはんとう)に尋ねました。

幕末の最新鋭艦「開陽丸」

開陽丸は幕府が総力を傾けてオランダに発注した、木造ながら最新鋭の軍艦です。結局開陽丸が日本に来た翌年に、幕府は270年の歴史を閉じることになりました。そういうわけで立ち位置としては「戦艦大和」ですが、榎本武揚率いる旧幕府勢力が奪取して江戸湾から旅立ったあたりは宇宙戦艦ヤマトか沈黙の艦隊の「やまと」でしょうか。大きな歴史ロマンを感じてしまいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >