2017/07/17 16:00

それぞれに個性が光る、心奪われるウズベキスタン世界遺産の街3選

tabizine.jp
tabizine.jp
近年旅行先として人気上昇中の中央アジアの国、ウズベキスタン。乾燥した大地に、鮮やかなブルーのモスク・・・そこには、日本人がイメージする「アジア」とはまったく異なる世界が広がっています。

なかでも、歴史的な街並みが世界遺産に登録されている3都市は必見。エキゾチックな風景に魅了される、ウズベキスタンの3つの街を訪ねてみましょう。

青の都、サマルカンド

「ウズベキスタン」と聞けば、真っ先にサマルカンドを思い浮かべる人も多いことでしょう。美しいブルーの建築物の数々から、「青の都」の異名をもつサマルカンドは、古来よりシルクロードの要衝として栄えた古都。

ところが、13世紀のモンゴル軍の侵攻により廃墟と化してしまいます。そんなサマルカンドの街をよみがえらせたのが、一代で帝国を築き上げた英雄・ティムールでした。世界のどこにもない美しい都を造ろうと考えたティムールは、遠征先から東西の優秀な技術者や職人を連れて来ます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >