2017/08/13 16:00

ドゥブロヴニクから日帰りも。まだ知らない風景に出会える国「モンテネグロ」

tabizine.jp
tabizine.jp
ヨーロッパはバルカン半島に位置する小国、モンテネグロ。日本ではなじみのないこの国名を聞いて、それがどこにあるかピンとくる人はかなり少数派です。

一方で、隣国クロアチアのドゥブロヴニクから日帰りできることもあって、日本から訪れる人も年々増加中。そんなモンテネグロの知られざる魅力をお伝えしましょう。

豊かな自然に恵まれた小さな国

モンテネグロは旧ユーゴスラビア連邦の構成国のひとつで、2006年に独立を宣言した若い国。クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、コソボ、アルバニアと国境を接し、首都を南部のポドゴリツァに置いています。

人口わずか62万人、面積は福島県と同じくらいという小国ですが、狭い国土の中に4か所もの国立公園を有する豊かな自然に恵まれた国。南部はアドリア海に面していて、海岸線は293キロにも及んでいます。

国名の「モンテネグロ」は「黒い山」を意味するイタリア語の方言。恵まれた自然環境を誇る国にふさわしい名前といえますね。
モンテネグロへのアクセス

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >