2017/07/22 07:30

渡航経験者が教えるバルセロナの治安情報!気をつけたいポイントや地域は?

tabizine.jp
tabizine.jp
ヨーロッパのなかでは、ギリシャに続いて失業率の高いスペイン。2016年の第4四半期の失業率は18.6%となっています。景気低迷による雇用や生活の不安から発生する軽犯罪には注意したいもの。

とはいえ、バルセロナだと観光客が集まるスポットをのぞけば、比較的安全だと言われています。バルセロナの治安と気をつけるべきポイントをお伝えします。

スリや置き引きに気をつけて!

どこの国でも言えることですが、観光地ではスリや置き引きに気をつけましょう。市内の地下鉄を利用する際も要注意。対策としては、財布は後ろポケットに入れない、リュックサックは避ける(財布やスマホを抜き取られることも)、そしてバッグやポシェットは斜めがけにして常に体の前に。当地ではグループで行うスリの手口も知られているので、貴重品の管理は肌身離さずしっかりと!

バルセロナで特に気をつけたい地域

バルセロナ日本国総領事館発表の邦人被害状況によると、被害の約80%を占めるのがスリや置き引き被害となっています。観光する際に気をつけたい地域は、カタルーニャ広場周辺、人通りの多いランブラス通り、ランブラス通りからほど近いゴシック地区の裏路地、サグラダ・ファミリアやグエル公園など。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >