2017/07/24 07:30

【ランキング】エコノミークラスの座席幅が広い航空会社はどこ?

tabizine.jp
tabizine.jp
エコノミークラスの座席がどんどん狭くなっている?!

今年5月、アメリカン航空が一部の運行機材のエコノミークラスの前後幅を、1インチから2インチ(2.54cmから5.08cm)狭くするという報道がありました。LCCの低価格運賃に対抗するためだといわれています。

そういえば、機内にタブレットやスマートフォンを持ち込んで使用する人が増えたこともあり、映画などのエンターテイメントサービスを廃止すれば、さらなるコストダウンになるという話題もありました。

シートの幅は、快適なフライトの基本。ほんの数cmでも広いほうがうれしいですよね。米国の新聞USA Todayによれば、この30年でアメリカの4大航空会社のエコノミークラス・シートの前後幅も横幅も、1インチから2インチ狭くなっているとのことです。

長距離向け航空機ボーイング777ER300の前後幅ランキングは?

(写真はイメージです)

エコノミークラスのシート幅を比較するといっても、航空機の種類や路線により違いが出ます。そこで今回は長距離路線を飛ぶ、ボーイング777ER300のシート前後幅で比較してみました(「seatguru.com」を参照。各航空会社にばらつきがある場合、最も広い前後幅を採用して比較しています)。

1位:86.36cm(34inch)
JAL(日本航空)
ANA(ANAホールディングス)
エールフランス航空
KLMオランダ航空
エミレーツ航空
大韓航空

2位:83.82㎝(33inch)
エア・インディア
中国東方航空
中国南方航空
エティハド航空
フィリピン航空
カタール航空

最下位:78.74cm(31inch)
エア・カナダ
アメリカン航空
ユナイテッド航空

日本航空と全日空が健闘しています。最長が86.36㎝。最も狭い狭い前後幅は78.74㎝ですから、なんと7.62㎝も違いがあるんです。これは大体大人のこぶし1個分くらいです。これだけでも、ずいぶん快適さがアップしそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >