2017/08/07 16:00

シチリア島から日帰りで行く、世界遺産エオリエ諸島の泥沼温泉&海底温泉へ!

tabizine.jp
tabizine.jp
硫黄の香る温泉が近くにあると知り、居ても立っても居られなくなった7月のこと、滞在していたタオルミーナから電車で1時間、船で2時間かけ、日帰りで温泉にいってきました。

エオリエ諸島とは
シチリア島の右上30km、ティレニア海に浮かぶ7つの火山島からなるエオリエ諸島があります。青く美しい海に囲まれた光景を、映画「イル・ポスティーノ」でみかけた方もいるかもしれません。2000年に自然遺産としてユネスコに登録されました。

硫黄の香り立ち込めるヴルカーノ島へ

噴火したらそのときだ、という覚悟を胸に島に到着しました。エオリエ諸島にはザ・リゾートな雰囲気の島もあるのに、ここは、行ったことのないけれどメキシコの田舎、といったような乾いた辺境の土地。

温泉に近づくにつれ、硫黄臭が立ち込めます。日本と違うのは、そこに少し尿素のような臭いが加わっていること。

(c)Shio Narumi

灼熱の島の泥沼温泉
料金を払い(€3ほど)、はやる気持ちでサンダルを脱ぎ、温泉へ向かう数メートルの間に足裏がやけど! 砂が熱々です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >