2017/08/17 16:00

日本人が意外と知らない、ドゥブロヴニクを拠点に3か国の世界遺産をめぐる旅

tabizine.jp
tabizine.jp
「アドリア海の真珠」と呼ばれるクロアチアの世界遺産の街、ドゥブロヴニク。近年、一生に一度は行きたい絶景スポットとして、ますます人気が高まっています。

ところが、ドゥブロヴニクから日帰りで行ける世界遺産があと2つあることは意外に知られていません。

それがボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルと、モンテネグロのコトル。それぞれに異なる魅力をもつ、3か国・3つの世界遺産をめぐってみましょう。

アドリア海の真珠・ドゥブロヴニク

クロアチア南部のダルマチア地方に位置するドゥブロヴニク。海洋貿易によって栄え、かつてはラグーサ共和国として、ヴェネツィア共和国と肩を並べるほどの繁栄を謳歌しました。

重厚な城壁に囲まれた旧市街は、まるごと世界遺産。わずか数百メートル四方の範囲に、宮殿や教会、修道院といった壮麗な歴史的建造物がぎっしりと詰まっています。

アドリア海に突き出た開放的なロケーションも魅力。旧市街を囲む城壁の上を歩けば、眼下には青きアドリア海と、オレンジ屋根の建物が一面に広がり、空中散歩をしているかのような気分が味わえます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >