2017/09/03 16:00

【バルト海の真珠】世界遺産のラトビアの首都「リガ」に行くべき6つの理由

tabizine.jp
tabizine.jp
その美しさから「バルト海の真珠」とたたえられるラトビアの首都・リガ。歴史的な街並みは、「リガ歴史地区」としてまるごと世界遺産に登録されています。

バルト三国最大の都市だけあって、歴史都市の情緒と都会の躍動感が共存するこの街には魅力がいっぱい。いま気になる、リガに行くべき6つの理由をお伝えしましょう。
中世の面影が残る旧市街

リガ観光の中心となるのは、1211年に建設が始まったリガ大聖堂をはじめ、中世の建造物が多く残る旧市街。壮麗な建造物の数々は、ハンザ同盟都市として栄えた当時のリガの雰囲気を今に伝えています。

こぢんまりとした街ながら、狭い路地が張り巡らされたリガの旧市街は、思いのほか複雑。歩いているうちに大小の広場に遭遇し、それぞれでまったく異なる風景が楽しめます。

オレンジ色をした個性的な外観の建物、ブラックヘッドの会館が建つ市庁舎広場は、中世の時代には、祭りや市の条例の布告、系の執行などが行われたリガの中心地でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >