2017/08/05 16:00

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ

tabizine.jp
tabizine.jp
ペルーの空の玄関口リマ。植民地時代の歴史ある旧市街や、優雅な新市街が織りなす独特の雰囲気が魅力です。今回は実際に筆者が体験した、トランジット12時間でも楽しめるリマの旅をご紹介しましょう。

リマのホルヘ・チャベス国際空港。トランジットは12時間。空港内に荷物預かり所があるので、大きなスーツケースがあっても身軽に観光できますよ。

エアポートタクシーに乗って、新市街のミラフローレス地区へ。新鮮な海の幸で評判の「Punta Sal」でランチ。

まずは、よく冷えた白ワイン。ペルー名物でもあるジャイアントコーンはとても香ばしく塩加減が絶妙で、ワインがどんどん進みます。

生のシーフードをレモンやワイン、香辛料でマリネした「セビーチェ」。素材がとても新鮮で、レモンの酸味が引き立っていて感動のおいしさ!

シーフードパエリア。魚介の旨味がたっぷりとお米に染み込んでいて絶品!

最高のランチをいただいた後は、ミラフローレス地区にある「ラルコマール・ショッピングセンター」でお買い物。カジュアル系から洗練されたブランドショップ、カフェやレストランなどのお店が集まります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >