2017/09/16 20:00

【積丹ブルー】義経の悲恋伝説が伝わる、女人禁制の神威岬 

tabizine.jp
tabizine.jp
北海道積丹半島にある「神威岬(かむいみさき)」は積丹ブルーと呼ばれ、その青さは見る者の心を捉える絶景です。エーゲ海やカリブ海にひけを取らない美しさと言えるでしょう。神威(かむい)の名称は、アイヌの神(アイヌ語でカムイ)を意味しています。

[名勝に関する総合調査 - 文化庁]

北海道遺産に認定される積丹半島と神威岬

積丹町の海岸はおよそ42km、北海道で唯一、海中公園に指定されている積丹の海。平成16年には「積丹半島と神威岬」が北海道遺産52件の内の1件に認定されています。

[北海道遺産]

神威岩伝説

真っ青な積丹ブルーに立ち尽くす神威岩は、恋に焦がれた乙女の化身と言われています。恋に焦がれた乙女チャレンカの「神威岩伝説」とは。

平泉で自害したとされる源義経は、実は生き延びて北へ逃れ、津軽から蝦夷地(北海道)に渡ったという伝説があります。

アイヌの長の許に身を寄せた源義経は、その長の娘であるチャレンカと恋に落ちました。しかし義経が生きていることを知った源頼朝の追手は、執拗に義経に追い迫ってきます。そこで義経はチャレンカに黙って、再び逃走の旅に出て行きました。チャレンカは義経が去ったことに気付き、その後を夢中で追いかけます。そしてようやく積丹半島の神威岬にまでたどり着くと、義経一行の船はそこから旅立った後で、沖の彼方へ遠ざかり、船影は小さくなり見えなくなってしまいました。義経を失った悲しみにチャレンカは泣き崩れ、神威岬の突端から身を投げました。すると、その身体は石に変わり、神威岩となったと言われています。チャレンカは積丹ブルーの海に佇み、今もなお恋しい人を想っているのかもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >