2017/08/05 18:00

タヒチ 古代宗教の祭祀殿「タプタプアテア」がユネスコ世界文化遺産に登録

tabizine.jp
tabizine.jp
タヒチ・ライアテア島にあるポリネシア古代宗教の祭祀殿「タプタプアテア」が、2017年7月9日ポーランドのクラクフにてユネスコ世界文化遺産に登録されました。

タヒチは南太平洋の中心に位置し、手つかずの自然やたぐいまれな美しい景観、観光客に温かい人々など、観光地として世界的に有名な場所です。

今回世界遺産登録された「タプタプアテア」のあるライアテア島は、首都パペーテのあるタヒチ島から219km、国内線を利用して45分の場所にあります。ライアテア(RAIATEA)の意味はタヒチ語で「遙かなる楽園」「柔らかな光の空」だそう。名前の意味を聞くだけで、行ってみたくなりますね。

タヒチには、今も人々の間に息づく独特の文化がありますが、今回のライアテア島のタプタプアテアのマラエ(MARAE)の世界文化遺産認定によって、より多くの方にタヒチの歴史と豊かな文化に興味を持ってもらえる機会となりそうです。

マラエとは、ヨーロッパの宣教師達がこの地に到着する以前、ポリネシア人の祖先が精神的な力の源である『マナ(MANA)』が宿ると信じた何百もの石を並べた神聖な場所だそう。タプタプアテアのマラエは、フランスの海外県として初のユネスコ世界文化遺産になります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >