2018/01/07 18:00

【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ

tabizine.jp
tabizine.jp
パリからTGVで約3時間、大西洋を臨むフランス南西部の港町ラ・ロシェル。ポール・シニャックやクロード・ジョセフ・ヴェルネなど、後世に名を残す偉大な画家たちも、旧港の美しさには心を奪われたとか。

そんなラ・ロッシェルは11世紀に城塞が築かれ、古くは貿易で栄えた街です。夏のバカンス先に選ぶフランス人も多いのですが、長い間イギリスの支配下にあったせいでしょうか、イギリス人観光客にも非常に人気があります。

バカンス気分で、一緒に散策してみましょう!

美しい旧港・旧市街を散策

潮風を感じながら、13世紀開港の旧港(ケ・デュペレ/Quai Duperré)沿いを歩いてみましょう。歩き始めると、すぐ目に飛び込んでくるのが、かつては火薬庫だった「シェーヌ塔」(写真左)と重厚な石造りの「サン・ニコラ塔」(写真右)。

いずれも古くは要塞としての役割を果たしましたが、16〜18世紀にかけては刑務所として使われたそうです。囚人の落書きが今でも残っているというから、訪れた際はご自身の目で確かめてみてくださいね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >