2017/09/15 16:00

「フランダースの犬」のラストシーンの舞台になった、アントワープ聖母大聖堂

tabizine.jp
tabizine.jp
ベルギー第二の都市アントワープ。15世紀後半から交易の中心地として栄えたこの港町に、名作アニメ「フランダースの犬」のラストシーンの舞台となった大聖堂があります。

ベルギー北部のフランドル地方に位置するアントワープ。古くから商業の街として栄えた大都市ながらも、中世の街並みも残り華やかな雰囲気が漂います。

街の中心にあるマルクト広場近くに佇む、ゴシック様式が美しい「アントワープ聖母大聖堂」。高さは約123mもあり街のランドマークにもなっています。この大聖堂こそ「フランダースの犬」のあの悲しいラストシーンの舞台なのです。

建設工事に約170年をかけ1521年に完成したアントワープ聖母大聖堂。内部は高い天井と優美なアーチと柱が織りなし、厳かな雰囲気。

ステンドグラスから穏やかな光が差し込み、白い壁や天井をさらに美しく魅せています。

この大聖堂では主人公ネロがずっと憧れていた、巨匠ルーベンスの作品を鑑賞することができます。こちらは主祭壇に掲げられている「聖母被昇天」。ネロは牛乳配達が終わった後、ほぼ毎日この絵を見るために大聖堂を訪れていました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >