2017/09/28 16:00

白雪姫のお城のモデル、世界遺産の街セゴビアの古城アルカサル【スペイン】

tabizine.jp
tabizine.jp
ローマの時代の水道橋が残る世界遺産の街として知られるスペインのセゴビア。ここに、「白雪姫」の城のモデルとなったと噂される美しく壮大な城があります。

それが世界遺産にも登録されている「アルカサル」。波乱万丈の歴史を歩み、時代とともにその姿を変えてきた古城は、時を超えて私たちを魅了し続けます。

世界遺産の街・セゴビア

セゴビアはスペインの首都・マドリードの北西約90メートルに位置する古都。その歴史は古く、古代から人が居住していたことがわかっています。イスラム勢力の支配を受けた後、11世紀以降はカスティーリャ王国の中心都市として栄えました。マドリードから日帰りできるアクセスのよさも手伝って、多くの観光客でにぎわっています。

セゴビアを象徴する建造物である、1世紀ごろに建設された水道橋は、最も優れたローマ時代の遺構のひとつ。この水道橋と、中世の面影を残す旧市街は、「セゴビア旧市街と水道橋」として世界遺産に登録されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >