2017/12/11 07:30

覚えておきたい! 海外旅行先で損をしないための7つの方法

tabizine.jp
tabizine.jp
楽しいはずの海外旅行・・・しかし、旅行だからといって気が緩みすぎてしまうと、損をしてしまうことがあります。「まあ仕方ないか」と思える程度の損ならよいかもしれませんが、それでも損をしないに越したことはないでしょう。

そこで今回は、海外旅行先で損をしないための7つの方法をご紹介。

挨拶・お礼など簡単な現地の公用語は覚えておく

お店やレストランに入るとき、現地の言葉で挨拶するだけで、相手からの印象が変わります。日本でも、外国人旅行者が「こんにちは」と挨拶して、お店に入ってくると少しうれしい気持ちになりますよね?

それと同じで、現地の公用語を使って挨拶すれば、少なくとも相手に悪い印象は与えません。「おはようございます」「ありがとうございます」「さようなら」くらいは覚えておき、ホテルのスタッフ、観光地で出会った現地の人たちと気軽に挨拶を交わすといいですね。

現地の公用語を使うことは、その国や地域をリスペクトしている証にもなりますし、何よりも相手の笑顔を引き出せて、気分よく旅行ができますよ。さらに物を高く売りつけられたり、差別を受ける可能性を低くすることもできるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >