2017/11/23 16:00

マリメッコのアメニティも。フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗ルポ

tabizine.jp
tabizine.jp
長時間のフライトで一番気になるのが「座席」。日本から欧米の便になると、飛行機に乗っている時間が約10時間になるなんていうことも少なくありません。日の半分を機内で過ごさなくてはならないのですから、座席はかなり重要。

各航空会社には、エコノミーよりも少し座席を広めにしたクラスがありますが、北欧フィンランドのフラッグシップである「フィンエアー」にも、「エコノミーコンフォート」というクラスがあります。たった70ユーロ(筆者が予約した便の場合)で快適なフライトを過ごせちゃう、「エコノミーコンフォート」搭乗ルポをお伝えします。

プラス70ユーロで足元に余裕ができる!

フィンエアーの長距離路線でも、成田ーヘルシンキ便はエアバス社の「A350」という最新機材を使用しています。新しい機材ということもあり、機内はピカピカ。天井も高く、圧迫感を感じない作りなのも良いところです。

今回、筆者がヘルシンキの往復で搭乗したのもこの「A350」で、このエコノミークラスの前列部分が「エコノミーコンフォート」というクラスになっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >