2017/11/28 16:00

現地渡航者が教える、ペルーで気をつけたいドロボーの手口【ペルー治安情報】

tabizine.jp
tabizine.jp
空中都市マチュピチュをはじめ、ナスカの地上絵やインカ帝国の首都クスコ、プレインカ時代のチャンチャン遺跡など、数多くの世界遺産を抱えるペルー。死ぬまでに一度は目にしたいと思っている方も少なくないのでは。そんなペルーを安全に旅する方法を紹介します。

セントロ・メルカード・バスターミナル・・・ スリや置き引きに注意

ペルーに限らず、コロンビアやエクアドル、メキシコなどの中南米で気を付けたいのが、スリやひったくり、置き引きなど。自分の荷物から目を離さないのが大原則。とくに首都のリマやマチュピチュへの起点となるクスコなどの大都市では、事件発生率も高いので注意が必要です。

相手はプロの犯罪者! 言葉巧みに気を引いて注意をそらし、グループで連携してあっという間に貴重品などを奪うマジックのような手口や、たどたどしい日本語で「二ホン、イッタコトアリマス」「カラテ」などと、アミーゴ感を出して近づきスキをついて犯行におよぶなど、その手口も多彩。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >