2018/01/06 16:00

【ドイツ】中世のたたずまいを残す、1200年の歴史をもつ花の都エアフルト

tabizine.jp
tabizine.jp
かつて自由都市や領邦国家の集まりだったドイツは、地域ごとに多彩な表情に出会える地域色豊かな国。日本ではあまり知られていなくとも、驚くほどに美しい景色を有する町がたくさんあります。

そのひとつが、ドイツの中央部に位置するエアフルト。1200年もの歴史を有し、中世の頃から商業都市として栄えてきたこの町には「テューリンゲンのローマ」とも呼ばれる華やかな町並みが築かれました。

花の都・エアフルト

ドイツ・テューリンゲン州の州都エアフルトは、1200年もの歴史を誇る古い町。森に囲まれた盆地という立地から交通の要衝となり、中世の時代から商業都市として繁栄してきました。

宗教改革を行ったルターは、教区教会や修道院礼拝堂など、合わせて80もの教会施設があるこの町を、「塔多きエアフルト」とたたえたとか。第2次世界大戦の被害をほとんど受けなかったため、中世の息づかいが感じられる美しい町並みが残っています。

ゲーテ街道沿いに位置するエアフルトは、ゲーテがナポレオンに謁見したゲーテゆかりの地としても有名。ほかにもシラーやフンボルト、リストなど数多くの偉人たちが訪れたエアフルトは、ドイツの豊かな歴史と文化が育まれた花の都なのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >