2018/01/28 20:00

花の島マイナウに中世の可愛い町々、欧州の人気リゾート「ボーデン湖」の魅力【ドイツ・スイス】

tabizine.jp
tabizine.jp
日本ではまだあまり知られていないボーデン湖は、ヨーロッパではよく知られた人気のリゾート地。

花の島や世界遺産の島、中世の面影を色濃く残す可愛らしい町々など、日本人が知らないボーデン湖の魅力をご紹介します。

ボーデン湖って?

日本ではあまりなじみがありませんが、ボーデン湖はヨーロッパでも有数の温暖なリゾート地として知られています。ドイツとスイス、オーストリアの3か国の国境をなす536平方キロメートルの湖で、その風景は一見湖というよりも海のよう。

花の島マイナウ島や世界遺産の島ライヒェナウ島、さらにはメーアスブルクやシュタイン・アム・ラインといった中世の面影を残す美しい町々まで、その魅力は実に多彩です。

コンスタンツ(ドイツ)

ボーデン湖の西端に位置する古都コンスタンツは、ボーデン湖畔最大の町。4世紀半ばにローマ皇帝コンスタンス・クローレによって築かれたといわれ、1414年から1418年にかけては、教会大分裂を終結させた「コンスタンツの公会議」の舞台となりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >