2018/03/13 21:00

【所変われば品変わる】広島人に聞いた、広島県あるある

tabizine.jp
tabizine.jp
【所変われば品変わる】広島人に聞いた、広島県あるある

海に浮かぶ小さな国日本。同じ国でありながら、47都道府県おのおの文化や食生活、方言が異なる国も珍しいかもしれません。人は皆自分の経験値を常識と思いがちですが、それは個人の常識。

東京育ちの筆者は自らの経験値を常識と思っておりましたが、広島出身の友人の話を聞いて、「所変われば品変わる」ものだと思いました。「所変われば品変わる」とは、「土地が違えば風俗・習慣もそれぞれ異なる」あるいは「同じ物でも土地が変わると、名前や用途も変わる」ということ。

さて、広島の文化や生活はどのように違うのか、「広島あるある」をご紹介しましょう。

【所変われば品変わる】広島人に聞いた、広島県あるある
写真提供:広島県 

地元民には空気のような存在?の「もみじまんじゅう」
【所変われば品変わる】広島人に聞いた、広島県あるある
写真提供:広島県 

広島県外の日本人にとって、広島名物といえば「もみじまんじゅう」。お土産で頂くと、「おお、広島へ行ってきたの?」とテンションが上がりますよね。あんこ好きの筆者の大好物でもあります。

しかしながら、ニューヨーク在住の広島出身の友人に、「もみじまんじゅうが日本から届いたわよ」といっても、思ったほど喜びませんでした。勝手に「もみじまんじゅう」は、広島人全員が泣いて喜ぶものだと思い込んでいたのです。広島出身の友人によると、もみじまんじゅうは買うものではなく、手土産などでいただくのが基本。おばあちゃんちにはあったけれど、空気のようにあって当たり前的なもので、特別な感慨はないそう。もみじまんじゅうファンにとっては、ちょっとショック。地元銘菓では「川通り餅」が地元では人気が高いようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >