2018/03/13 16:00

【話題】パリ観光は下を向いて歩こう?素敵な床を撮り続けるフォトグラファー

tabizine.jp
tabizine.jp
パリ観光は下向きに?素敵な床を撮り続けるフォトグラファー
(c) Sebastian Erras

ファッションの都であるフランスのパリでは、洋服だけでなく建物も優雅で見ごたえがあります。「おしゃれは足元から」という言葉があるように、美しいパリの街は、床もそれぞれ個性的。そんな素敵なパリの床を、ご自身のおしゃれな足元と一緒に画像に収めるカメラマンの作品が話題を呼んでいます。普段なかなか見ることができないパリの床を、散歩気分で見てみましょう。

パリの個性的なモザイク&タイルとスタイリッシュな靴たち
パリ観光は下向きに?素敵な床を撮り続けるフォトグラファー
(c) Sebastian Erras

これは、パリ有数のラグジュアリーホテルである「ペニンシュラホテル」(Peninsula Hotel Paris)の素晴らしいモザイクタイルの床。そしてフレームインしているシックな革靴は、ドイツ出身フォトグラファーのSebastian Erras氏の足元。学生時代はビジネスを専攻されていたそうですが、写真への情熱に目覚めたことでプロのフォトグラファーとして身を立てるようになったのだとか。現在は、インテリアや建築に関するプロジェクトのためにヨーロッパ各地を飛び回られています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >