2018/04/01 07:30

飛行機に立ち乗り席やカプセル席も!?未来の旅の姿はこう変わるらしい

tabizine.jp
tabizine.jp
空港自体が楽しむ場所になる!?
飛行機が立ち乗りに!?未来の旅の姿はこう変わるらしい

(C)VanderWolf Images / Shutterstock.com

未来の旅行では、空港自体が単なる移動の通過点ではなく、楽しむ対象になっていくと言います。

例えば現在でもオランダのアムステルダム・スキポール空港などは、カジノやアムステルダム国立美術館の別館が併設されています。フランスのシャルル・ド・ゴール空港では、空港内にミシュラン星付きシェフによるレストランのオープンを予定しています。こうした流れが、近未来は加速していくと英スカイスキャナーの『The Future of Travel: 2024』で明かされています。

 
旅客機の客席スペースの壁がガラス張りになる!?
飛行機が立ち乗りに!?未来の旅の姿はこう変わるらしい

(写真はイメージです)

一部の観光列車やバスでは客席の壁面全体が開口部になっており、ガラス窓越しに広々と展望を楽しめるようになっています。

例えばエアバス社が考える2050年の世界における旅客機も、客席スペースの壁面全体が巨大な窓になり、上空1万メートルの世界のパノラマを窓の外に楽しめるようになるみたいですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >