2019/01/18 16:00

大聖堂と川辺の景色が美しい街。フランスロレーヌ地方のメッス

tabizine.jp
tabizine.jp
227276-01

ロレーヌ地方にある歴史のある街メッス。3000年の歴史を持つメッスの街には、ヨーロッパのゴシック建築の中でも最高峰と称されるサンテチエンヌ大聖堂や、メッスの街を流れる川の風景など、美しいヨーロッパの街を堪能できることができます。現地に旅行で訪れた筆者が、メッスの街の魅力をご紹介します。

サンテチエンヌ大聖堂
227276-02

227276-03

メッスのシンボルと言えば、サンテチエンヌ大聖堂。高さ42mもあるこの大聖堂は、ゴッシク建築の中でも最も美しいと評されています。実際、このサンテチエンヌ大聖堂を前にすると、圧倒的なその存在感に、思わず見とれてしまうほど。ファッサードには息を呑むほど美しい繊細さがあり、大聖堂からは、歴史の重みが感じ取れます。

サンテチエンヌ大聖堂はステンドグラスも有名。なんとその面積は6500 m²。ランテルヌ・デュ・ボン・デュー(神のランプ)と呼ばれるほど、その美しさが際立っています。ステンドグラスを眺めていると、どこか心が洗われるようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >