2019/01/23 21:00

ベルサイユ宮殿にある調度品のシルクはほぼリヨン産!?リヨンシルクの魅力【フランス土産】

tabizine.jp
tabizine.jp
リヨンのシルク
(C) minacono

2018年夏に皇太子さまがリヨンに訪問された際、日本のニュースでも取り上げられたリヨンの絹。ルネッサンス時代のリヨンでは、絹産業が盛んに行われていました。ベルサイユ宮殿にあるシルクの調度品は、ほぼリヨンで作られたものだそうです。日本で世界遺産に指定されている富岡製糸場とも深い関係があるリヨンのシルクについて紹介します。

リヨンの絹職人「カヌー」たち

リヨンのシルク
(C) minacono

カヌー(Canut)とは、リヨンの絹織物の職人さんたちのこと。ルネッサンス時代にはリヨンの住民の40%が絹に関係する仕事(織物職人や絹商人)をしていたほど、リヨンでは絹産業が盛んでした。リヨン中心街の北、丘の上の地区クロワルッス(Croix-Rousse)には多くのカヌーたちが住んでいて、過酷な労働条件のもと家族総出で働いていたそうです。のちにカヌーたちは3回も暴動を起こしますが、どれもうまくいかずに、たくさんの人が犠牲になったという悲しい過去もあります。何千人といた絹織り職人は、現在はリヨンにたった5人となってしまったそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >