2019/01/20 12:30

こたつ装備の屋形船!松江城の堀川めぐりで風情ある和風景を

tabizine.jp
tabizine.jp
冬の松江城
(C)minacono

国宝の松江城がある島根県松江市は、今も歴史が色濃く残り、京都市と奈良市に次いで「国際文化観光都市」に指定されています。松江城のお堀を一周できる屋形船はなんとも風情たっぷり。冬は屋形船にコタツが装備されて、雪景色の中温かいコタツに入ってゆっくり観光できます。まるでディズニーランドのジャングルクルーズを連想させるような船頭さんの案内もとてもユニークです。

松江城について
231536-02

日本全国に現存する天守閣12城の中で、6番目に古いとされる松江城。豊臣秀吉や徳川家康に仕えていた堀尾吉晴によって1607年に築城が開始され、1611年に完成しました。400年以上も前に建てられた天守閣をはじめ、お城を囲む堀川や武家屋敷は創建当時のまま残っている場所も多く、風情のある景色を今もなお感じられる場所です。

屋形船は遊覧にも移動にも

松江城冬の堀川めぐり
(C)minacono

一部、築城と同時に作られたと言われる堀川では屋形船が運航しています。船頭さんの案内に聞き入れば、400年前の情景が目に浮かぶかのようです。この屋形船のチケット、一日中何度でも利用可能な一日券というものがあります。乗船場所が3ヵ所あるので、例えばお城の反対側に行きたい時など、地上の移動でぐるっと回らければいけない所も屋形船だと少しショートカットして移動できることもあるんです。大人の個人料金で一回券が820円、一日券が1230円なので、差額410円で何度も乗り降りできるお得感がありますよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >