2019/02/18 07:30

2018年に事故死者が出た航空会社は15社

では、死亡者数の多かった3つの事故です。
2018年死亡者数が多かった3大事故
189人|ライオン航空(インドネシア)Boeing 737
235108-03

10月29日、インドネシアのライオン航空610便はジャカルタのスカルノ・ハッタ空港を離陸した直後、海へ墜落しました。

事故機は同月26日以降に、検査の際にいくつかの異常が見つかっていたそうです。離陸時には主翼の左右のフラップの角度が20度も違っていたと記録されています。この機体は直前にデンパサールからジャカルタに到着しましたが、そのフライトでも機長側の装置に問題が発生して副機長が操縦していたとのことです。

乗員・乗客189人全員が死亡しました。
112人|クバーナ航空(キューバ)Boeing 737
5月18日、ハバナ発キューバ東部のオルギンに向かうクバーナ航空972便には、乗員6名、乗客113名が搭乗していました。

離陸直後、空港そばの畑に墜落、大破し火が出ました。事故直後3名の乗客が生き残りましたが、そのうち2名は数日後に死亡しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >