2019/02/18 07:30

2018年に事故死者が出た航空会社は15社

事故原因は、離陸時の角度が急だったことが原因でした。
71人|サラトフ航空(ロシア) Antonov An-148
235108-04

2月11日、モスクワのドモデドヴォ空港を14時21分に離陸し自動航行に切り替わりました。その後、機長と副機長の側の両方にある同じメーターが異なる値を示すようになったため、自動航行を解除。その後、14時27分05秒には雪原に墜落しました。

機材のAn-148はウクライナ製の飛行機で、最大搭乗者数は99人の小型機です。乗客乗員71名が全員死亡しました。
死者数が少ない事故
事故の中にも死傷者数が少ない事故があります。主に航空機の定員が少ない場合と、搭乗者数が少ない場合でした。しかし、次の3つの事故は違います。
149人中1人|サウスウエスト航空 Boeing737
4月17日、ニューヨークからダラスに向かう1380便の場合、飛行中に破損したエンジン部品が飛び客室の窓を破ってしまい、その席に座っていた女性が死亡。機体の外に吸い出されそうになったところを、他の乗客が押さえました。148人中1名が死亡しました。
47名中1人|ニューギニア航空 Boeing 737
235108-05

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >