2019/02/12 07:30

有給消化率が高いフランスでは、有給を取る間どのように仕事が回るのか?

クライアントから仕事が回ってないことに対して、苦情はこないのかと疑問に思われるかと思います。フランスでは、社員であれば、有給を取るのは当たり前のこと。権利の一つとして捉えられているので、基本的に苦情はきません。

筆者の前職では、休暇を取っている同僚や上司にメールを送ると、「〇〇まで有給で不在なのため、〇〇に連絡してください」という自動返信メールが返って来るようになっていました。その間仕事が進まないので、困ったものだったのですが、それでもフランス人の反応は「〇〇さんは、今休暇中なんだね」といった感じで、仕事が回らないことに対しては、有給なんだから仕方ないと捉えているようでした。

生産性が落ちても仕方ない
237347-03

有給を取ることによって、生産性は落ちないのかというと、もちろん落ちます。日本であれば、ゴールデンウィーク、お盆、お正月休みと、企業の休みは決まっていて、一斉に休暇を取るシステムなので、突発的に生産性が落ちないようになっていますよね。フランスは、そのような決まった休みはなく、有給を取ることで休暇が取れるので、有給の間は生産性が落ちても仕方ないと考えられています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >