2019/02/17 07:30

日本人は家の中で寒さを我慢しすぎ!?おすすめの温活方法4選も

tabizine.jp
tabizine.jp
238411-01

冬は家の中でも寒くて当たり前!と考えるのは、実は日本人特有かもしれないということを知っていましたか?

近年では、家の中の急激な室温の差でヒートショックを起こし亡くなってしまうというニュースを耳にすることも多くなりました。今回はそんな寒い家で過ごしている日本人だからこそ知っておきたい、すぐ始められる温活についてご紹介。冷えを防いで寒い冬を乗り切る豆知識です。

日本の家はなぜ寒い?
238411-02

近畿大学建築学部の岩前教授によると、日本は欧米と比べて家の断熱の基準や法整備が遅れているそうです。寒い冬を迎える欧米諸国では、家全体を温めるセントラルヒーティングで暖をとることが主流なのに対し、日本ではこたつやストーブなど部分的に温める方法が一般的なため、生活の中心であるリビングルームは快適な温度でも、その部屋を一歩出ると極寒!というケースが珍しくありません。

また日本の冬の寝室温度は平均して10℃前後に保たれており、睡眠時における寝具の中が28℃以上の快適な温度に保たれている反面、寝具から出た途端に20℃に近い温度差を感じることになります。このような寝室やお風呂場などの急激な温度差が原因となり、ヒートショックによる健康被害も懸念されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >