2019/02/26 20:00

宇治茶の伊藤久右衛門から新作「宇治抹茶さくら生チョコレート」

tabizine.jp
tabizine.jp
伊藤久右衛門宇治抹茶さくら生チョコレート

江戸時代後期から続く京都・宇治茶の老舗、伊藤久右衛門から春の新作「宇治抹茶さくら生チョコレート」が発売されました。高級な宇治抹茶を使った生チョコレートに、本物の桜花・桜葉を加工した淡いピンク色の桜パウダーが散りばめられた、上品な春のスイーツです。

江戸後期創業、京都・宇治茶の老舗 「伊藤久右衛門」

伊藤久右衛門

「伊藤久右衛門」ブランドの始まりは、江戸後期、天保3(1832)年。初代伊藤常右衛門(いとうつねえもん)が宇治田原で茶業に携わった時から始めります。二代目以降も家族が代々茶づくりを継承し、昭和27(1952)年、五代目の伊藤久三が、宇治蓮華(現平等院表参道)で宇治茶販売の店舗をオープンしました。

伊藤久右衛門

その際、会社設立にあたって初代の伊藤常右衛門の名と、自身の名にある「久」の一文字をとって、社名を「株式会社伊藤久右衛門」と命名。創業の地である宇治田原では、現在も伊藤家が代々受け継ぐ茶園で茶づくりが行われています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >