2019/05/21 07:30

こんなのイヤだ!飛行機で流れた、恐怖の機内アナウンス5選

tabizine.jp
tabizine.jp
260765-01

(画像はすべてイメージです)

「祈ってください」
260765-02

2017年6月のこと、乗客359人を乗せた格安航空エアアジアXの旅客機エアバスA 330 が、オーストラリアのパースからマレーシアに向けて飛んでいました。

離陸後1時間半近く経ったころ、バンという大きな音がし、機体は異常な振動に見舞われます。エンジントラブルが発生したのです。

激しい振動のなか流れた機内アナウンスは、「私たちの生存は皆さまの協力にかかっています」というものでした。ただその協力は「祈ってください」。こんなアナウンスを繰り返されたら、乗客も本気で祈るしかありません。

それから2時間の間、激しい振動が続きます。エアバスA330 は2つのエンジンを積んでいるので着陸には影響がないものではありましたが、着陸までの約2分間は「身構えるよう」指示があり、無事着陸した際は拍手が起こったそうです。

「ちょっとした問題があります。4つのエンジンすべてが停止しました」
260765-03

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >