2019/08/03 20:45

日本女性はがんばりすぎ?「完璧」を目指すまえに、知っておくべき2つのこと

日本女性はがんばりすぎ?「完璧」を目指すまえに、知っておくべき2つのこと
日本女性はがんばりすぎ?「完璧」を目指すまえに、知っておくべき2つのこと

イクメンという言葉の浸透や、男性の育休取得の推奨が話題になっていますが、それでもなお家庭における女性の家事・育児負担率が高い日本。

もちろん積極的に男性への呼びかけを行うことも大切ですが、女性自身が「私がやらなければ…」という責任感、家事・育児に対する完璧主義に追い詰められている場合も多いようです。

1人でも多くの方が心からゆとりを持って生活できるような考え方のヒントをご紹介します。

世界ワースト基準 日本の家事育児の平等性

近年日本では、男性のみが働いている世帯よりも共働き世帯が多くなっています。

内閣府の『男女共同参画白書平成30年度版』によると、1997年以降は共働き世帯が男性のみが働く世帯を上回っています。

さらに第一子出産後の女性の就業状況のデータを見ると、2009年までは離職する女性の割合の方が多くなっていましたが、最新の調査では就職を継続する女性が53%へと上昇しました。つまり子どもがいる世帯においても、働く女性が多いことがはっきりとわかります。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >