2019/08/27 19:45

男女平等は実現していると思う?「#KuToo」「#なんでないの」運動にみる、現代女性のリアル

男女平等は実現していると思う?「#KuToo」「#なんでないの」運動にみる、現代女性のリアル
男女平等は実現していると思う?「#KuToo」「#なんでないの」運動にみる、現代女性のリアル

近年女性達により「男性主義社会への抗議活動」が広まってきています。

日本でも、女優の石川優実さんが発起人となった『#KuToo運動』や、代表の福田和子さんが日本の避妊法の少なさに疑問を持ち立ち上げた、『#なんでないの』運動などが行われ、女性の社会の在り方を変えようと様々な人が立ち上がっています。

しかし、まだまだ「女性は男性よりも率先して子育てをするもの」「共働きでも家事を行うのは女性が主体」という風潮が社会からは抜けていません。なぜ男女平等が説かれ、令和の時代となった今も、このような考え方が抜けないのでしょうか。

「男は仕事、女は家庭」まだ消えない「昭和型家庭」の考え方

「女の子は結婚して男性に養ってもらえばいい」「手に職があればいいけど、それ以外の女性は男性に養ってもらうしかない」すべて過去に筆者が言われた言葉です。

「夫は外で仕事をし、妻は家庭を守るもの」このような家族の姿が大衆化したのは、高度経済成長期である1954~73年です。まさに昭和の真っ只中であり、その後平成に入った90年代には、夫も妻も外で働くという「共働き」の夫婦像が「夫は仕事、妻は家庭」の夫婦像を逆転しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >