楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/14 09:45

「専業主婦」VS「共働き」ホントはどっちを望んでいる?女性にばかりのしかかる選択

「専業主婦」VS「共働き」ホントはどっちを望んでいる?女性にばかりのしかかる選択
「専業主婦」VS「共働き」ホントはどっちを望んでいる?女性にばかりのしかかる選択

年々増える共働き世代。「専業主婦世帯と共働き世帯1980年~2018年(https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/timeseries/pdf/g0212.pdf)」(労働政策研究・研修機構)によれば、30年前である1989年当時は専業主婦世帯が930万世帯、共働き世帯が780万世帯となっており、専業主婦世帯が主流でした。しかし、時代は流れ2018年には専業主婦世帯が600万世帯、共働き世帯が1200万世帯へと変化し今や共働き世帯は専業主婦世帯の2倍にまで増えてきました。では、専業主婦と共働き主婦、それぞれどのような思いでその選択をしているのでしょうか。

理想の主婦生活をおくれている?

2019年4月にソニー生命保険㈱が公表した「女性の活躍に関する意識調査2019(https://www.sonylife.co.jp/company/news/2019/nr_190424.html%E3%80%80)」によると、1000人の全回答者のうち、専業主婦は269人。その方々に対し「現在の生活に満足しているか」と質問した結果、56%の人が「そう思う」と回答。「本当は外に働きに行きたいか」という質問には、32%の人が「そう思う」と回答しました。しかし、回答を年代別にみてみたところ、20代は70%、30代は51%の方々が外に働きにいきたいという願望を抱えているという結果に。どうやら、若い世代に関しては働きたいのに働けないという傾向もあるようです。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >