楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/15 11:00

ママ友からの「子どもが可哀想」という凹む言葉。ストレスを貯めない対処法とは

ママ友からの「子どもが可哀想」という凹む言葉。ストレスを貯めない対処法とは
ママ友からの「子どもが可哀想」という凹む言葉。ストレスを貯めない対処法とは

自分ではどうしようもできないし、愛する我が子に対して言われるから余計に凹む「子どもが可哀想」というワード。別に我が子が自分のことを可哀想と言ったわけでも無いので、気にする必要は無いのですが、それでもママの気持ちは凹んでしまいますよね。

自分ではどうしようも無いママが凹む実例をご紹介しながら、ストレスをためない対処法について、考えていきたいと思います。

子どもの性別について

「私には子どもが3人いますが、全員男の子。

ある日、次男のママ友に誘われてバレエの発表会を見に行きました。ママ友の子は女の子。小さい女の子がチュチュを着ている姿は、本当に可愛くて『可愛いね』って何の気なしに言ったんです。そうしたらママ友に『頑張ったのに、3人目も男の子だったもんね~』と言われてしまいました。
別に女の子が欲しくて3人産んだわけではありません。それでもママ友の言葉に凹んでしまいました。」

例え男の子だろうが、女の子だろうが、我が子に変わりありません。ですが、なぜか男の子しかいないママには「女の子いいよ」っていう、聞いてもいない意見を無造作に投げかけてくる人がいます。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >