楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/29 21:20

マイノリティの現場を見て、現場にいる人の言葉を聞く

マイノリティの現場を見て、現場にいる人の言葉を聞く
マイノリティの現場を見て、現場にいる人の言葉を聞く

多様性を祝うお祭り「レインボーフェスタ和歌山」に行ってきました【後編】

前編に引き続き、レインボーフェスタ和歌山についてお話しします。前編では「レインボー」の意味や性的マイノリティとはどんな人なのかなどのお話をしました。少しだけおさらいをして、本稿ではレインボーフェスタ和歌山の会場の様子と実行委員会へのインタビューをお伝えします。

レインボーフェスタ和歌山と多様性

レインボーフェスタ和歌山は社会においてのマイノリティ(少数派)にスポットを当て、しばしば「いないこと」にされてしまいがちなマイノリティが「私たちはここにいる」とアピールし、マイノリティもマジョリティ(多数派)も互いを尊重しながら「いっしょくた」になって楽しみましょうというお祭りです。

身体や精神に障害がある人、日本ではない国にルーツを持つ人、難病の人、珍種の動物を飼う人や勉強大好きな人、学校に行かない人など、社会にはさまざまなマイノリティが存在します。そのあらゆる人たちが、またマイノリティではない人たちも、垣根なくみんな「いっしょくた」になって楽しめるお祭りをつくろう、という目的でレインボーフェスタ和歌山は開催されます。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >