楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/29 19:45

「監察医 朝顔」東日本大震災を真っ向から描いたドラマに、令和の私たちが心を揺さぶられる理由

「監察医 朝顔」東日本大震災を真っ向から描いたドラマに、令和の私たちが心を揺さぶられる理由
「監察医 朝顔」東日本大震災を真っ向から描いたドラマに、令和の私たちが心を揺さぶられる理由

9月23日に放送された最終回の平均視聴率が13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した上野樹里さん主演のドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ)。今期ドラマの全話平均視聴率でもトップとなり、かつての“月9”人気を復活させたと言っても過言ではありません。

医療と刑事というヒットドラマのキーワードをしっかりおさえつつも、監察医と警察の連携や家族の愛、登場人物たちの心の葛藤をありありと描くストーリー展開が素晴らしく、実力派揃いのキャストや主題歌など、あらゆる点で高評価を得た作品でした。

「朝顔」以前に東日本大震災を描いた民放連ドラ「最高の離婚」

そして何と言っても本作の特徴は、東日本大震災を真っ向から描いているところです。原作となった同名漫画では、主人公の法医学者・朝顔は阪神淡路大震災による被災が原因で母を失っていますが、今回のドラマ化にあたりその設定を変更。朝顔の母・里子(石田ひかりさん)は東日本大震災で津波に飲み込まれて行方不明となり、父の平(時任三郎さん)はその遺体や遺品を今なお探し続けているというストーリーでした。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >