楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/10 10:15

「子どもができたのに変わらない夫」には理由があった? その本音と幻想

「子どもができたのに変わらない夫」には理由があった? その本音と幻想
「子どもができたのに変わらない夫」には理由があった? その本音と幻想

結婚して子どもが産まれても、なお家事育児に非協力的だったり当事者意識に欠けていたりする男性。巷では、こうした夫に対する妻たちの怒りの声が常に爆発していますが、一体なぜ彼らはライフスタイルや考え方を変えず、家事育児に積極的に参加しないのでしょうか。筆者の夫や周囲の男性などの例をもとに考えてみました。

「妻がなんでもできるから」という幻想?

今や専業主婦よりも多い働く主婦。パート、自営業、会社員など雇用形態に関わらず、何かしらの仕事をしながら家事育児もこなしている女性は珍しくありません。そうした女性が世の中に増えていくにつれて、多くの男性の中にはこのような認識が生まれているのではないでしょうか。「妻(女性)はなんでもできる」と。つまり、妻のスーパーウーマン化です。

もちろん、家事も育児も仕事もと、さまざまな役割をこなしているという意味では「なんでもできる」と言えるのかもしれません。しかし、スキルとして「できる」のと、時間や体力などを削ればなんとか「できる」は大きく違います。そして多くの妻が後者の「できる」になっているのに対し、多くの夫は妻に対して前者の「できる」を幻想として抱いているのではないでしょうか。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >