楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/10 19:45

夫に隠し子がいないと断言できますか? 現在の戸籍では調べ切れない理由

夫に隠し子がいないと断言できますか? 現在の戸籍では調べ切れない理由
夫に隠し子がいないと断言できますか? 現在の戸籍では調べ切れない理由

相続に関するトラブル・係争が増加しています。直近の統計データではありませんが、「平成24年度司法統計」(最高裁判所)によると、家庭裁判所への相続関係の相談件数は約17万5千件となり、10年間で約2倍弱増となりました。

増加する相続に関するトラブル

この相談件数はその後も漸増していると見られますが、年間の死亡者数が約136万人ですから、単純計算だと約15%が相続相談をしていることになります。さらに、死亡者には未成年を含めた若年層も相当数含まれているため、実態面では20~25%という推察も可能です。

また、遺産分割事件の件数(家事調停・審判) も、平成14年の9,148件が16年後の平成30年には13,040件に増加しており、過去最高となりました。1985年は約5,100件だったことからも、遺産相続に係るトラブルが増加の一途を辿っていることがわかります。

さらに、やや意外なのは、こうした遺産分割トラブルの約75%が遺産総額5,000万円以下であり、うち1,000万円以下は約33%です。1,000万円や5,000万円が少額とは言いませんが、遺産分割のトラブルは身近に起こり得る問題であることがよく分かります。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >