楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/13 21:10

「おばさんの口出し」は若い子への嫉妬? 30歳になってわかった“お局キャラ”の幻想

 「おばさんの口出し」は若い子への嫉妬? 30歳になってわかった“お局キャラ”の幻想
「おばさんの口出し」は若い子への嫉妬? 30歳になってわかった“お局キャラ”の幻想

「若いこと」が評価の一つになりがちな日本。特に女性においては、実年齢だろうと見た目年齢であろうと1歳でも若くあることは絶対的正義かのように言われ、男女問わず「女性は若ければ若いほどいい」と堂々と言う人もいます。また「女性に年齢を聞くのは失礼」というのも、女性をリスペクトしているように見えて、そもそも年齢に囚われている価値観が根底にあることがうかがえます。女性が何歳だろうと別にどうでもいいのであれば、年齢を聞くことに失礼もなにもないのですから。

そしてそういった女性と年齢にまつわる価値観の中では、年上の女性はとかく意地悪で口うるさいといった「お局」キャラに仕立てられ、「おばさんが若い女性に嫉妬している」という構図を作り出されることがしばしばあります。かねてからこの構図に疑問を持っていた筆者は、30歳を迎えるにあたって気付いたことがありました。

「自分のような失敗をしてほしくない」という思い

先日、TOKIOのリーダー城島茂さんが24歳年下の菊池梨沙さんとできちゃった結婚を発表しました。二人の年齢差や「一目ぼれをした」と城島さんが語った出会いの時期は菊池さんがまだ19~20歳だったことなどから、祝福と同じくらい批判の声が出ていることも事実です。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >