楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/14 10:15

のびのび?しっかり?理想と現実で板挟みの母たち…子供の心を傷つけない育児とは

のびのび?しっかり?理想と現実で板挟みの母たち…子供の心を傷つけない育児とは
のびのび?しっかり?理想と現実で板挟みの母たち…子供の心を傷つけない育児とは

毎日思いのままに散らかし、親のいうことを聞かず自由にふるまう子供たち。何度も繰り返し教えるのに疲れ、気が付いたら怒鳴り散らしていた、そんな経験はありませんか。世間は「叱らない育児」ブームですが、そんな風にできるのであれば苦労はしません。

現実にはそんな笑顔の親のいうことを聞くほど子育ては甘くなく、いつも力でねじ伏せてしまっては後悔してしまう…。ガミガミする母親たちは、心でそんな葛藤をしているようです。

怒っていうことを聞かせるのは支配?

本来しつけとは、子供が社会に出た際に困らず生きていけるよう導いてあげることを目的としています。ところが、我が子のためを思っているはずなのに、時として自分が面倒を避けるためだったり、疲れを解消するためだったりと、いつのまにか親の都合で子供をコントロールしてしまっている、という現象が起きてしまうことも。

本来であれば、水がこぼれたり、砂が巻き散らかったりするようなことだろうと、何事も経験させてあげたいところですが…疲弊している母親にそんな余裕はなく、怒号を飛ばしてしまうのも仕方ないのかもしれません。ただ、日常的に怒りをもって子供をコントロールすることは、果たしてしつけといえるのでしょうか。親が自分に都合の良いように子供を動かすことは支配であり、将来の子供のためとはいえません。逆に、親の顔色ばかり伺って指示を待つようになってしまうと、自律ではなく他律となってしまう危険性を含んでいるのです。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >