楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/03 10:15

息子が「何か買うなら、まずメルカリで探せば?」 イマドキ小学生とのデジタルギャップとは

息子が「何か買うなら、まずメルカリで探せば?」 イマドキ小学生とのデジタルギャップとは
息子が「何か買うなら、まずメルカリで探せば?」 イマドキ小学生とのデジタルギャップとは

スマホ、YouTube、ゲームなどが小さな頃から当たり前にある現代の子どもたち。先日小学生の長男に「ほしいものがあるんだ」と話しかけたら、「買い物をするなら、まずはメルカリから探せば?」とアドバイスを受け、衝撃を受けました。

来年から小学校でプログラミングが必修化されますが、わが子との「デジタルギャップ」を感じる親も多いでしょう。しかしそこには、「今時の子は」とは言い切れない、ある学びもあったのです。

アプリ、スマートスピーカー、電子マネー…現代っ子のデジタル事情

「買い物をするなら、まずはメルカリから探せば?」という長男のエピソード。実はこれだけではありません。電車の時間を調べようとしたら「ヤフーの路線情報で調べるね」と調べてくれ、ホテルを探そうとしたら「トリバゴで調べれば?」とアプリをダウンロードしてくれました。

もうすぐ誕生日なので欲しいものを聞いてみると、返ってきた答えは「Google Home Mini」。その横で、園児の次男が「オッケー、グルグル!(グーグルの意)」とCMの真似をしています。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >