2017/12/30 20:40

アレルギー児の親が抱える心の葛藤との向き合い方

アレルギー児の親が抱える心の葛藤との向き合い方
アレルギー児の親が抱える心の葛藤との向き合い方

アレルギー児の親は、様々な心の葛藤を抱えますよね。我が家の7歳長男も食物(20種類以上)・犬猫・ハウスダストのアレルギーに加え、花粉症、軽度のアトピー、さらに軽度の喘息が疑われ、小学校には給食でなくお弁当を持参しています。7歳になるまで5回ほど、大きく心が動揺する出来事がありました。

我が家のアレルギーの流れ

長男のアレルギーが発覚したのは、7カ月のとき。ヨーグルトを食べた後、口の周りにポツポツが出て痒がり、血液検査で「乳製品・卵・小麦・ピーナッツアレルギー」が発覚しました。

夫には昔、卵アレルギーがありましたが、筆者はアレルギーの知識ゼロ。知識がないことにとても恐怖を感じました。アレルギー症状も、何をどう気を付ければ良いのかも分からない。大雑把な性格ゆえ、自分にアレルギー管理が務まるだろうかと思ったのです。

その後も動揺は続きます。3歳でハウスダストアレルギーが最高値で発覚したとき、4歳で原因不明の顔面発赤が一時期毎夕出たとき、5歳でそれまで食べていた野菜・フルーツでアレルギーを起こしたうえ、最高値の花粉症も発覚したとき、7歳で軽度の喘息の可能性を指摘されたとき。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >