2018/02/09 17:20

岐路に立つふぐ食市場〜規制緩和と中国国内販売の解禁でどう動く?

岐路に立つふぐ食市場〜規制緩和と中国国内販売の解禁でどう動く?
岐路に立つふぐ食市場〜規制緩和と中国国内販売の解禁でどう動く?

今年はふぐ食解禁130周年(2)

都道府県別の「ふぐ調理師」資格

前回、『冬の味覚ふぐ〜「西郷どん」と「ふぐ食解禁」の不思議な縁(http://www.toushin-1.jp/articles/-/5150)』では、日本でのふぐ食解禁の話をしました。公許制でふぐ食が解禁された経緯もあって、現在でも、ふぐを調理するためには、「ふぐ調理師」の資格が必要とされています。

「ふぐ調理師」は都道府県ごとの資格ですから、呼称も都道府県によって異なります。また、資格も取得した都道府県にのみ適用されます。そのため、大阪府で資格を取得して営業していたふぐ調理師(ふぐ取扱登録者)が京都府で営業する場合、新たに京都府で資格を取得しなくてはなりません。

しかも、都道府県によって、資格取得の要件が異なります。最も難しいとされる東京都では、調理師の資格を持ち、かつ、2年以上の実務経験を有することが受験要件とされ、さらに筆記試験と実技試験に受からないといけません。一方、大阪府では受験要件は特になく、講習会形式で、実技試験はありません(模擬調理の見学のみ)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >