2018/03/14 20:15

ご飯、家事、自分の時間…親はどこまで子どもに合わせるべきか

ご飯、家事、自分の時間…親はどこまで子どもに合わせるべきか
ご飯、家事、自分の時間…親はどこまで子どもに合わせるべきか

「何でそこまで生活のすべてを子どもに合わせるの?」と夫に言われたとき、はじめはイラッとしました。当たり前のことだし、私は1人で頑張って子どもを見ている。あなたのように片手間で子どもを見ていませんよ、と。

そこまで考えて、ふと思いました。1人目のときはご飯、トイレ、睡眠…と24時間365日すべてが赤ちゃんペース。2人目、3人目と徐々にコツをつかみ、自分も大切にすることで、子どもと笑顔で触れ合える時間が増えることを学びました。

大切なのは「赤ちゃんペースと自分ペースのバランスをとる」こと。1日の中でも授乳、オムツ替え、遊び、睡眠などは子どもペースになる一方で、「ご飯、家事、自分の時間」に改善の余地がありそうです。

美談より、現実的な選択を

そもそも昔から、大人はすべてを子どもに合わせていたのでしょうか。専業主婦が一般的になる前の時代、専業農家だった祖母に聞いた話では、嫁は大事な働き手。子どもは祖父母が見るか、祖父母がいない家庭は母親と一緒に畑に連れて行ったそうです。小学生にもなれば子どもも働き手で、よく手伝いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >