2018/04/11 20:45

「精神的な小1の壁」の乗り越え方。繊細で慣れるのに時間がかかる子の1年間を振り返る

「精神的な小1の壁」の乗り越え方。繊細で慣れるのに時間がかかる子の1年間を振り返る
「精神的な小1の壁」の乗り越え方。繊細で慣れるのに時間がかかる子の1年間を振り返る

入学式を終え、我が子が小学校1年生となった方もいるでしょう。入学おめでとうございます。

よく耳にする「小1の壁」ですが、しばしば指摘されるのは学童保育のお迎え時間が早いといった物理面の壁です。一方で精神的な壁もあります。特に繊細だったり、新しい場所に慣れるのに時間がかかる子の場合、初めての学校生活にストレスを感じることもあるでしょう。

筆者の長男も新しいことに慣れるのにとても時間がかかるタイプ。幼稚園時代から1人で園庭で遊ぶことも多く、温厚ですが、繊細で傷付きやすい性格。1年生の間はたくさんの精神的な壁がありました。その壁と、我が家の乗り越え方をご紹介します。

1年間付き添った登下校

長男の小学校は、集団ではなく個別登下校でした。筆者は入学式の3日後に3人目を出産しましたが、GW明けから1年生の終わりまで下の子たちを連れて付き添いました。6月頃から、「ついてきてもらわないと学校に行けない」と口にする長男。時には家に帰ってきてしまったり、大泣きで車で送っていくこともありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >