2018/04/12 21:20

あさましい相続トラブルを起こさないために、知っておきたい「遺言」

あさましい相続トラブルを起こさないために、知っておきたい「遺言」
あさましい相続トラブルを起こさないために、知っておきたい「遺言」

家庭裁判所の遺産分割事件は増加の一途

「遺言の日」は年3回ある!?

4月15日は「遺言の日」とされています。これは、「良(4)い、遺言(15)」ということで、近畿弁護士会連合会が1998年に記念行事を開催したことが始まりです。その後、2007年度から日本弁護士連合会の主催行事が行われています。

一方、公益財団法人日本財団は1月5日を「遺言の日」として日本記念日協会に登録しており、さらに、金融業界は11月15日を「いい遺言の日」と制定しています。

こうなると、どれが本当の「遺言の日」なのか分からなくなりますが、どの団体や業界も遺言の重要性を説いている点は共通しています。実際、近年になって、遺言の重要性や必要性は非常に注目されているのです。

遺言とは、“財産の活用法を定めた意思表示”

ところで、「遺言」とは何でしょうか?

広義の意味においては、故人が生前に自らの死後のために遺した言葉や文章を指すと言われますが、現在では民法上の制度に鑑みて「自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた大切な財産を、最も有効・有意義に活用してもらうために行う、遺言者の意思表示です」(出所:日本公証人連合会)とされています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >