2018/04/23 10:20

キャラ弁は子どもが何歳になるまで続けるべき?

時期は家族で決めていくもの

そうは言っても、思春期になると特に男の子はキャラ弁を恥ずかしく思うこともあるかもしれません。本来お弁当には「喜んで食べてくれるかな?」とか「フタを開けたときに少しでも感動させたい」と相手のことを想う作り手の愛情もたっぷり詰まっており、その気持ちを伝えるツールでもあります。

だからこそ、相手が嫌がっているのに作り続けるのであれば、それは途端にひとりよがりで自己満足になってしまうかもしれません。

「キャラ弁は何歳まで必要か?」を考えるうえで大切なことは、一般的な意見ばかりに耳を傾けることではありません。作り手と食べる人がコミュニケーションを取りながら、「もう少し作ろうかな?」とか「そろそろやめようか」と、自分たちで終わりを見つけていくことが大切なのではないでしょうか。キャラ弁をきっかけに家族の会話が増えるのであれば、とても素敵なことですね。

お弁当箱に込めるもの

最近では、夫婦喧嘩をした翌日にご主人のお弁当を思いっきりかわいいキャラ弁にすることで仕返しをする女性も増えているそうです。お弁当箱という小さな空間に、家族のドラマがたくさん詰まっていることを感じさせられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >